手描き友禅工房

着物のお手入れ 〜帰宅時〜


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販




帰宅直後のお手入れについて


まず、家に着いたら、玄関先でほこりを払います。手ぬぐいやタオルで裾や袂と軽く叩いて、表面に付いたほこりを払います。 この時、雨などで裾が汚れたり、濡れていたりしている場合は絶対に擦ったりしないように気を付けて下さい。 次に家に入ったら手を洗ってから着物を脱ぎましょう。


脱ぎ終わった着物と帯はすぐに着物用ハンガーに掛けて汗を乾かします。 この時、大きなシミや汚れが無いかを確認しながら、再度、全体のほこりを柔らかい布や着物専用のブラシで払いましょう。 大きなシミや汚れを見つけたら出来るだけ早めに着物専門の染み抜き屋さん(悉皆屋さん)に見せてください。 つい、ベンジンでゴシゴシ擦って見たくなりますが、ベンジンの輪ジミを作ってしまったり、シミが拡大してしまう事がありますのでやめましょう。


また、沢山汗をかいてしまった時は汗抜きも頼みましょう。 そのまま箪笥にしまってしまうと、次に開いた時には黄色くなってしまいます。 もし、ご自分で染み抜き屋さんを探せない場合は着物を購入したお店に相談すれば大丈夫です。


着物・帯は直射日光の当たらない風通しの良い場所で半日から一日吊るしておきます。これで、大体のシワは直ります。 どうしても取れないシワはアイロンを掛けましょう。アイロンを掛ける時は必ず当て布をして下さい。 霧吹きは直接着物に吹かず、当て布に吹きつけて、その上からアイロンを掛けます。(帯も同様です。)


最後に着物をキレイに畳んで箪笥に入れて修了です。 着物のお手入れは、大切な着物を長持ちさせるための基本です。


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク