手描き友禅工房

着物の紋、格調と種類について


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販



着物のは格式を意味します。紋には一つ紋、三つ紋、五つ紋があり、数が多くなるほど格式が高くなります。 また、紋の種類は数種類あり、それぞれ格式が違います。



紋の数と格調について


「一つ紋」は準礼装として色無地の着物や、訪問着、付け下げ、江戸小紋などに付けます。紋の位置は背の中心に付けます。
「三つ紋」は色留袖や色無地の着物に付ける紋です。紋の位置は背の中心と右外袖、左外袖に付けます。お茶の世界では三つ紋までが普通です。
「五つ紋」は黒・色留袖、喪服に付けます。位置は背の中心、右外袖、左外袖、右胸、左胸に付けます。


紋の種類と格調について


紋には「染め抜き紋」、「縫い紋」があり、前者は格式が高く、後者は略式になります。

それぞれ「日向紋(ひなたもん)」と「陰紋(かげもん)」があり、「日向紋」は格式が高く、「陰紋」は略式になります。 つまり、「染め抜き日向紋」が最も格式の高い紋になります。特に五つ紋を付ける時に使う紋です。

また、「縫い日向紋」は後からで付けられる紋でもあるので、 紋がついていなかった訪問着や付け下げに格を持たせたい時に後から付ける事が出来ます。

「縫い陰紋」は気軽なお茶席などにふさわしいと思います。この他には洒落紋、女紋などがあります。


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク