手描き友禅工房

着物についたシミ汚れのお手入れについて。


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販




着物に付いたシミ汚れは擦らない。


着物についたシミ汚れは自分で触らない事が鉄則です。
雑誌やテレビなど各メディアでは、素人でもできるシミ抜き方法を紹介していることがありますが、真似しないほうが無難です。 なぜなら、シミ以外の範囲まで色を抜いてしまったり、汚れがさらに広がる可能性の方が高いからです。

万が一、汚れがついてしまった場合は応急処置として、 乾いたティッシュで軽く押さえて水分を吸い取るだけにして下さい。 この時、絶対に擦ってはいけません。 その後、着物専門の染み抜き屋さん(悉皆屋さん)にてお手入れしてください。



着物のガード加工について


未然に汚れを防ぐために考えられたガード加工というものがありますが、 「ガード加工」を施す場合には、正絹の風合いが変化することを頭に入れておきましょう。 ※加工後の風合い変化の感じ方には個人差があります。

ガード加工は主に水分汚れを弾く加工です。また、多くのフッ素加工は油ジミにもある程度の効果があるようです。 ただし、浸透性の高い赤ワインやジュース、そして温度の高い水分汚れは防げない場合があります。
汗抜きのケアはガード加工に関係なく、悉皆屋(染み抜き屋)さんにてのお手入れが必須です。

ガード加工後の地色の染め直しに関して、最近のガード加工は染め直しが可能ということですが、 やはり、加工後の友禅染めにはムラが出やすくなるのでお勧めしません。

結論的にいいますと、加工している、していないに関わらず、良い着物を子や孫の手に受け継がせるためには、 マメにしみ抜き屋さんへ出してチェックしてもらうことが重用です。


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク