手描き友禅工房

茶道初心者の着物選び


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販




茶道初心者 〜着物選びの順序〜


茶道を始めたばかりの頃、お茶のお稽古は洋服でされる方も多いと思いますが、 お稽古のお茶会や大寄せに誘われた時には着物が必要になって来ます。 その時はまず、「色無地(一つ紋付き)」です。 紋が付いている事で、ある程度格のある茶席にも着れますし、帯を変える事で簡単な茶席にも着ることができます。 また、お茶席だけではなく、お子様の卒業式や入学式、七五三などにもふさわしい着物です。

色無地の初めの一枚目は地紋などに季節感の無いもの(桜や梅などでないもの)を選ぶと便利です。 帯は無難に古典柄などの織りの袋帯が良いと思います。ご年代が若い方でしたら、振袖の袋帯でもOKです。

色無地の次に揃えておきたいのは「初釜」を考えての「訪問着」、または「付け下げ訪問着」です。 特に「付け下げ訪問着」は訪問着に比べて手頃な為、初心者の方にはお勧めです。 初釜は新年の行事ですので、柄は宝尽くしや松竹梅などおめでたい柄がお勧めです。 十二支を題材にした柄も良いかも知れません。 ただし、初釜といえど、地色は華美になりすぎず、品のある色にしましょう。こちらも一つ紋が付きます。 帯は色無地に合わせた袋帯を合わせても良いと思います。

その後、お稽古の着物、夏の着物を用意してゆくのがよいと思います。 また、茶道の着物に関わらず、着物と帯を揃える効率の良い方法は 着物を揃えたらそれに合う帯を揃え、今度はその帯に合う着物を揃えるという様に、 着物/帯/着物と交互に揃えることが理想です。 次第にレパートリーが増え、様々な組み合わせのコーディネートが楽しめるようになって行きます。
余談として・・。茶道では着物の前巾を広めに仕立てることで、正座での所作を美しく見せることができます。 お仕立ての際には、ご購入先にご相談されると良いでしょう。


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク