手描き友禅工房

留袖について 着物豆知識


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販




留袖について


留袖はなぜ「留」という名前がついているかご存知でしょうか?それは、未婚女性が結婚して振袖の長い袂を切り詰める(留める)事から由来しています。


黒留袖は既婚女性の第一礼装で主に親族の結婚式に着る着物です。 紋は染め抜き日向紋の五つ紋です。 色留袖は既婚、未婚問いません。五つ紋ならば黒留袖と同格になります。

本来、留袖は長襦袢の上に白い着物を着て、さらにその上から留袖を着ていました。 現在では、より着易いように簡略化され、白い着物を留袖の内側にあらかじめ縫いつけて仕立てます。 この仕立て方を「比翼仕立て」といいます。


結婚後、黒留袖と色留袖のどちらから揃えるべきか?という問題はあまり堅く考えずに良いと思います。 近い時期に親族の結婚式がある場合は黒留袖を揃え、 知人や友達の結婚式が予想される場合には色留袖から揃えても良いかと思います。
また、最近では形式があまり厳しく無い場合もあり、 結婚後も、第一子が産まれるまでは振袖を着る人もいらっしゃいますが、特別な職業(芸能人や歌手など)で無い場合には、 ある程度の年齢に達したら留袖を着る事が自然だと思います。


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク