手描き友禅工房

手描き友禅と型友禅の違いについて。


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販




手描き友禅と型友禅の違いについて


友禅には大きく二つに分けて手描き友禅型友禅があります。

型友禅とは、柿渋紙で作った型紙と色糊を用いて染める友禅技法の事で、 明治初期の京都でに合成染料の登場により開発された近代からの友禅です。

型紙を繰り返し使用出来るために、同じ柄で量産向きの染織方法とされていますが、 職人の手によって染められる型友禅は一色につき一枚の型紙で染めるため、 着物によっては百枚以上の型紙を使用することもあります。

職人さんによって染められる、本物の型友禅は熟練された技術と根気が必要です。 職人さんの手によって染められた本物の「型友禅」は高価な作品もあります。 また、同じく型紙を使った染物として有名なのは「江戸小紋」や沖縄の「紅型染め(びんがたそめ)」ですが、 こちらは「型染め」ではありますが「型友禅」ではありません。

一方、手描き友禅には京友禅、加賀友禅、東京友禅(江戸友禅)があります。 これらの友禅は紙に図案を描き、それを基に白生地へ柄を手描きしてゆきます。

「手描き友禅」の大きな特徴のひとつは「糸目(いとめ)」です。「糸目」とは柄の輪郭線の白い線の事を言います。 「糸目糊(いとめのり)」と呼ばれるモチ米を原料とした防染糊を柿渋紙で作った円錐型の筒に入れ、 糸目糊を白生地に細い線としてしごき出しながら柄を描きます。

糸目糊を均一な細さで自由自在に美しく描けるようになるまでにはとても長い修行期間が必要です。 糸目が描き終わった後にその内側を彩色し、さらにその後、柄全体を防染糊で防染し、引き染めをします。 最後に防染糊を洗い落とし、蒸して色止めをして反物になります。



友禅の現状


本物の「手描き友禅」や「型友禅」は職人さんや作家さんの手仕事によって生み出されていますが、 現代の呉服業界では「友禅」の意味が曖昧になってしまっています。 友禅柄をインクジェットプリントしたものを「友禅」と称する商品もあるからです。

インクジェットプリントはさらなる大量生産を実現し、訪問着で二万円以下という草履より安価な逆転現象が起こっています。 確かに多くの人が手軽に売り買いできる時代にはなりましたが、 その一方で本物を目にする機会が無くなりつつあり、着物に対する知識が養われないことも危惧されています。

ぜひ、「手仕事で作られる着物や帯はどのように制作されているのでしょう?」とご興味を持っていただければ幸いです。


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク