手描き友禅工房

ろうけつ染めの由来と制作工程


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販




蝋纈染め 〜天平時代に大陸から伝わった三大染色技法〜


「天平時代・天平文化」は7世紀終わり〜8世紀中頃、聖武天皇の時代に奈良・平城京を中心に栄えました。
この時代に大陸から伝わった「天平の三纈」と言われる染色技法があります。 夾纈(キョウケチ)・纐纈(コウケチ)・昴秩iロウケチ)です。 この3つの染色技法の名前はそれぞれの防染方法に由来しています。


夾纈(キョウケチ)の「夾」は「はさむ」という意味です。 左右対称に凹凸で柄をかたどった二枚の版木で生地をサンドイッチ状に挟みます。 それを紐で強く締める事によって、版木の接した柄部分が防染された状態になり、染めた後に白く残ります。


纐纈(コウケチ)の「纐」は「しぼる」という意味(絞り染め)です。 生地を糸で括ったり、縫ったりする事で防染をする染色です。現在でも馴染みのある染色技法です。


昴秩iロウケチ)の「掾vは「蝋(ろう)」という意味です。 蝋(ワックス)を熱で溶かしたものを生地に着けて防染する技法です。 蝋が冷めて乾くとひび割れの亀裂が生じます。 染めた時にひび割れに染料が染み込む事に面白さがあります。


奈良・東大寺の正倉院に収蔵されている昴秩iロウケチ)には「押昴秩vというものが多く見られます。 「押昴秩vは型版を作り、スタンプの様に蝋を押す技法です。 中には「押昴秩vと蝋描きの技法を併用したものもあります。
また、蝋を筆に着け、水墨画の要領で柄を描いて染色する技法を「蝋描き」といいます。 水墨画では筆に墨をたくさん含ませると黒くなりますが、 逆に「蝋描き」では蝋をたくさん含ませると防染力が強くなり、より鮮明に生地の白が残ります。


昴秩iロウケチ)の源流はインドとされ、中国では唐の時代に流行した染織技法です。 その影響を受け、日本に伝わりました。奈良時代の日本では輸入された蜜蝋を使用していました。 「昴秩iロウケチ)」と呼ばれる染織方法は平安時代ごろまで行われていましたが、 遣唐使が廃止され、蜜蝋が輸入されなったことをきっかけに、この技法は途絶えてしまいました。 現代で言われているろうけつ染めは明治末期に新たに復興された技法になります。



腰原きもの工房のろうけつ染め


正倉院に伝わる「花四菱鳥襷文(はなよつびしとりだすきもん)」の文様を 腰原きもの工房の総手描きによるろうけつ染めにて制作した様子をご紹介いたします。

↓電熱器で蝋を熱い液体状に溶かします。
ろうけつ染め

↓溶かした蝋を筆に付け、白生地に蝋描きしていきます。
ろうけつ染め

決して描き損じは許されない作業です。
着物一反分、約13mを一人の手で何日もかけて描き上げます。

↓描き上がった生地に友禅染めをして、蝋を洗い落とした反物が出来上がりました。
ろうけつ染め
蝋によって防染された模様は染料の浸透にムラがあり、友禅用語では「もぐり」と呼びます。 「もぐり」は着物に柔らかい印象を与える効果があります。これが「手描きろうけつ染め」の特徴です。

↓反物を着物に仕立てて完成です。
ろうけつ染め
手描きろうけつ染め小紋 「花四菱鳥襷文(はなよつびしとりだすきもん)」

総手描きのろうけつ染めは大変手間が掛かるため、 最近ではあまり目にする事が出来なくなってしまった着物の一つです。


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク