手描き友禅工房

手描き友禅の制作工程について。


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販


手描き友禅の伝統技法

1.写生


手描き友禅制作において一番大切な事は「写生」です。
着物や帯は季節に先駆けて制作しなければならない為、常に季節の花や鳥を写生しなければなりません。 写実的な着物、絵画的な着物、図案的な着物、全て作品の根底には写生があります。 それは、花や鳥の特徴を知らなければ図案として自然に描くことが出来ないからです。 抽象的な文様も自然を観察する事から生まれます。 腰原きもの工房の友禅作家は青梅・奥多摩という自然に恵まれた環境の中で日々、写生を心がけています。

手描き友禅制作



2.図案制作


着物・帯の設計図とも言える図案の制作です。この工程で作品の良し悪しの8割が決まります。
着物や帯と同じ寸法の線を引いた紙に図案を描いていきます。 「着た時に自然に見える構図」を最も優先して描いていきます。 同時に衣桁に掛けた時の見栄えも考えて描きます。 鉛筆で下描きをした後、墨で図案を完成させます。これを墨入れと言います。日本画で言う骨描きにあたるものです。

手描き友禅の図案制作



3.糸目描き(糊置き)


手描き友禅の一番の特徴とも言える糸目描き(糊置き)の工程です。 防染剤として用いる糯糊(もちのり)を円錐形の柿渋紙で作った筒に入れ、 糯糊を細い線として絞り出しながら、図案の通りに生地へ輪郭を描いていく作業です。
糸目糊が染料の滲みこみのを防ぎますので、染めた後、最後に洗い落とすと白い線として残ります。 この糊で描いた白い線を「糸目」と呼び、数ある手描き友禅技法の中でも特に代表的な技法です。

糯糊は水分を含んだ粘りのある糊なので、自由自在に細かい文様や柄を描くためには、高度な技術が必要になります。 現在では材料素材の向上により、さらに防染力の高い石油系の糊を使用する場合もありますが、 柔らかく、粘りのある糊で美しい線を描くために、長い修行期間が必要なことは、なんら変わりはありません。

手描き友禅 糸目



4.地入れ(豆汁入れ)


染料を生地に食いつきやすくするための処置です。多少のにじみ止めを施す意味もあります。
大豆を水でふやかして、すり潰し、漉した豆乳汁の「豆汁(ごじる」を使います。
「地入れ」をせずに染色をすると色が滲んでしまったり、染めムラが出来てしまいます。 これを防ぐために「豆汁(ごじる)」をあらかじめ刷毛で引く工程を「地入れ」と言います。 「豆汁(ごじる)」の調合は染め上がりの美しさにも影響する大切な工程です。 その時々の地色にあわせた「豆汁(ごじる)」を調合して使用しています。 地入れの方法は五寸刷毛を使い、染めと同じように行います。

手描き友禅 地入れ 手描き友禅 地入れ



5.彩色


糸目置き、地入れの後、着物や帯の柄に細かく色をつける彩色の工程です。 彩色は小さな刷毛や筆を用いて染料を使い、糸目糊でくくられた柄の内側を細かく彩色して行きます。 染料は原色となる5〜6色を混ぜ合わせて調合し、小さな絵皿に一色づつ作ります。 作り置きはせず、その都度、一色づつ丁寧に調合しているので既製品にはない色で彩色することができます。
振袖など、柄の多い着物には約100色程度の色を使用することもあります。 着る方のご年代や好みにあわせた色味を考慮し、品の良い着物になるように心掛けて彩色していきます。
花柄の場合などは、花びら一枚一枚を丁寧にぼかし彩色をしますので、根気と膨大な手間が必要です。 色数や手間を惜しむことなく、細部にいたるまで妥協せずに彩色しています。
様々な色を使用し、着物にまとまりのある全体感を作り出すには豊富な経験が必要で、 糸目糊から滲み出さずに彩色するには熟練の技術が必要です。

手描き友禅の彩色手描き友禅の彩色



6.糊ふせ


友禅染め(引き染め)をする為に、柄の全体を糯糊(もちのり)で防染する工程です。 糸目のりに使用するものと同じく糯糊(もちのり)を使用します。 柄全体に糯糊を置き、糠(ぬか)を炒ったものを振り掛けます。 糯糊はその日の天気や湿度などによって、ヒビがはいったり、 防染力が弱まったりするので、染める前には判断の見極めが重要になります。 現在は石油由来の材料で防染する場合もありますが、こちらも高度な技術を必要とする手仕事です。

手描き友禅 ふせ糊



7.引き染め


友禅染め、引き染めの工程です。彩色と同様に染料を混ぜ合わせて地色を調合します。 地色の調合は、染め上がりの発色具合を計算して作ります。
細い竹の棒の両端に針のついた伸子(しんし)という道具で反物が弛まないようにしっかりと両端を延ばして張ります。 引き染め用の五寸刷毛を使い、染めムラが無いように染めていきます。 色によってはムラの出やすい色もあり、自由自在に美しく染めるには高度な技術が必要です。

友禅染め 友禅染め 友禅染め



8.蒸し


友禅染めにて染色した反物を発色・定着させるために行う工程です。 この工程は長い反物を蒸すボイラー設備が整った着物専門の工場で行います。 特に色の濃い地色は染料を定着させる為に二度の蒸しを行う必要があります。 (8.蒸しと9.水もと(水洗い)の工程は場合により前後する時があります。)



9.水もと(水洗い)


この工程はGの「蒸し」で反物に定着しきらなかった余分な染料や防染糊を大量の水で洗い流す工程です。 柄についた彩色の染料が反物の地色の部分に付いたり、移らないように手際良く行わなければならない作業です。



10.ドライ洗い


石油系の糊を使用したり、ろうけつ染めなどをした時にはドライクリーニングが必要です。 洋服のドライクリーニングとは違い、反物専用の巨大な機械で洗います。 この工程は設備の整った着物専門の工場にて行います。



11.湯のし


蒸し、水もと(水洗い)、ドライを終えた反物に、熱い蒸気を当てながら真直ぐにする工程です。 この工程も着物・帯ゆのし専用の大きな機械で設備の整った工場で行います。 反物全体に均等な力で蒸気をかけるには職人さんの熟練された技術が伴います。



12.仕上げ(金彩・墨入れ)


染め上がった反物に友禅作家が最後の仕上げをします。 仕上げには、金箔を押したり、金線、銀線を引いたり、墨で柄を描き起こす工程などがあります。 着物、帯に生命を吹き込むに等しい工程の為、細心の注意を払い、仕上げます。

手描き友禅 ふせ糊



13.お仕立て


仕上がった着物・帯の反物を職人さんの手で仕立てます。 着物や帯は仕立て職人さんの腕次第で着心地の良さが変わってきます。 特に帯の仕立ては強い力で生地を引っ張りながら仕立てる事が必要です。 帯の仕立ては、男の職人さんによる仕立てですので、生地と帯芯の隙間がなく、とてもしっかりしています。 着物・帯、共に経験豊富な職人さんによる仕事です。




友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク