手描き友禅工房

塩瀬帯とは?塩瀬帯についてのお話


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販




塩瀬帯について


塩瀬帯は手描き友禅の代表的な染め帯です。
絹織物である塩瀬は新潟県の五泉地方が有名な産地です。生地の織り方の特徴は経(たて)糸を密にして、 太い緯(よこ)糸を打ち込み、表面に横畝(よこうね)が現れた生地です。

織り上がった白生地は精練し、その後、友禅染めにて柄を描きます。 生地には張りがあり、締め易く、季節は春・秋・冬と夏以外、一年を通して締めることが出来るのも人気の理由です。 (※夏の季節には絽の入った絽塩瀬を使用します。)

主に洒落帯として名古屋帯に仕立てることの多い塩瀬帯ですが、柄や仕立て方によってはコーディネートも幅広くなります。 カジュアルなお洒落帯にふさわしい柄ならば、小紋や織りの着物に適しています。 金箔などを使用した格調の高い柄ならば、格のある小紋や色無地の着物、付け下げ訪問着にも締めることができます。

塩瀬帯は軽くて締めやすいことが特徴ですが、染帯の種類を多く取り扱う呉服店が少なくなっているため希少価値が高くなりつつあります。 また、最近では織りの着物に織りの帯という、よりカジュアルなスタイルも普通になっていますが、 スタイリッシュなカジュアルのお洒落を楽しむのならば、やはり、織りの着物には塩瀬帯などのお洒落な染め帯とのコーディネートがおすすめです。

染め帯に視線が行くように心掛けて着物を選ぶ事と、帯と着物の格とを合わせる事がポイントです。 小紋に下の様な塩瀬帯(染め名古屋帯)を締め、美術館や観劇にお出掛けするのもおすすめです。

塩瀬帯
塩瀬帯/名古屋帯 洋館にクラシックカー 作:腰原英吾


>>着物豆知識へ戻る


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク