手描き友禅工房

友禅の由来 宮崎友禅斎


友禅工房のご紹介 友禅作家のご紹介 着物 帯の作品集 着物展示会 友禅工房へのご訪問予約 お誂え着物 着物通販


腰原きもの工房トップページへ 友禅の由来 宮崎友禅斎 京友禅について 加賀友禅について 東京友禅について 型友禅について

友禅の由来 宮崎友禅斎について


「友禅染め」を考案したのは宮崎友禅斎という人物です。 宮崎友禅斎は出生地・没地など諸説あり、生涯を通して謎の多い人物です。 京都の知恩院門前に居を構えていた扇絵師で、僧形の人物だったとされています。
文献で初めて友禅斎の名が登場するのは井原西鶴の「好色一代男」1682年(天和2年)です。 この中で友禅斎は京都で評判の扇絵師として登場しており、 当時の伊達男の間では「友禅扇子を持たない人はお洒落ではない。」という内容の記述があります。 この友禅斎の人気にあやかって、ある呉服屋が小袖の図案を依頼したことが友禅染めの始まりと言われています。


友禅が発祥した時代背景として、当時、幕府からは奢侈禁止令(しゃしきんしれい)という庶民の贅沢を制限する禁令が出されていました。 特に着物では、金銀の刺繍や絞り染めの「総鹿の子」など、贅沢な着物が禁止されていました。
この禁令をかいくぐる形で考案されたのが友禅染です。友禅染は防染糊を使用するのみで色鮮やかな着物を作ることが出来たので、 幕府の禁令をかいくぐることができたのです。


友禅斎が描いた小袖の模様は、いかにも扇絵師らしい四季の草花、梅や竹の丸紋模様です。 友禅斎の図案で染めた着物は絵の様にとても華やかだったので、美しいものに飢えていた庶民の間では大流行し、 いつしか、「友禅染め」と呼ばれるようになりました。


友禅染めが広まった背景には「雛形本(ひながたほん)」と呼ばれる物があります。 「雛形本」は現代でいうところの、言わば「スタイルブック」の様なものです。 広げた着物の形の中に図案が書き込んであったり、生地の種類や地色など細かに記してあります。
「雛形本」は「友禅染め」よりも以前からありましたが、 1692年(元禄5年)に友禅斎の雛形本が刊行され、友禅染めの模様、技術が広がりました。


この他、友禅斎について解っている事実はありません。 大正時代には金沢・東山の龍国寺で友禅斎のものとされる墓碑と文献が発見され、 これは、加賀藩から庇護を受けて京都から移り住んだ証拠だとも言われています。 ただし、この件に関しても諸説あるようで、真相は謎のままとされています。



京友禅について


京友禅は宮崎友禅斎の影響を強く受けている友禅です。一言で言えば「雅」という言葉がふさわしい友禅です。 使用する色彩は朱・緑・水浅葱・紅・薄青・桃色など明るく、華やかで柄行は遠目からも映える大柄が多く、 御所車、花熨斗(はなのし)などの古典柄や幾何模様などを題材にします。 刺繍や金箔などをあしらえに用い、絢爛豪華な友禅です。



加賀友禅について


加賀友禅は宮崎友禅斎が京から加賀へ移り住み、加賀藩の庇護を受けたことが始まりと言われています。
また、一説では加賀友禅の原型は15世紀あたりに加賀にあったと言われる、 独特の染色技法、「梅染め」であるとも言われています。 この加賀のお国染めと友禅斎が広めた技法が合わさり、加賀友禅が確立されたと考えられています。
色彩は加賀五彩と呼ばれる(紅、黄土、緑、藍、紫)を基調色とする事が特徴で、 京友禅に対して、草・花・鳥などの自然を題材とした絵画調の着物です。特に「虫食い葉」などの柄が代表的です。 染めの技法のみを用いる事が特徴とも言える友禅で、基本的には金箔や刺繍などのあしらえは用いません。



江戸友禅と東京友禅について


東京友禅は東京で染める手描き友禅のことを言い、江戸友禅とも言われます。
まず、東京友禅を語るために江戸友禅についてお話したいと思います。 「江戸友禅」の始まりは江戸時代中期です。当時の江戸には関西方面から下ってきた産物「くだりもの」が集りました。 友禅もこの「くだりもの」の一つとして江戸に伝わりました。
江戸時代では各藩の大名が参勤交代で江戸にやって来ていた為、 それに伴って大名のお抱えの染師が京から江戸に移り住む様になり、江戸にも友禅染めが広まりました。 また、この様な背景の中、一説では五代将軍綱吉の母、桂昌院に呼ばれた京の友禅職人が 江戸友禅を考案したとも言われています。 江戸の友禅職人達は友禅染めに必要な、豊富な水資源を求め、 隅田川や神田川の河川流域に住んでいたと言われています。


江戸友禅と京友禅との大きな違いは、江戸の生活感覚や美意識によるものと言えます。 御所解き文様を好む京友禅に対して江戸友禅は「磯の松」や「釣り船」、「綱干し」、「千鳥」などの 風景模様が好まれました。
また、江戸城内の奥女中たちには「御殿風」と言われる武家好みの柄が流行しました。 江戸は武家中心の文化だった為、江戸友禅も柄や色合いが落ち着いた雰囲気のものとして根付きました。


江戸友禅という名称がいつ頃から東京友禅に変わったか?という線引きは明確ではありません。 現代でも昔ながらの作風で糸目描きとわずかな色数だけで描かれたものや、落ち着いた柄のものであれば、 昔風に江戸友禅と言う場合もあります。 また、戦後からしばらくの間はこの様な江戸友禅らしい着物や帯は数多くありました。 東京友禅と呼ばれるようになり、都会的センスのモダンな要素も多く見られるようになっています。


東京の生活感覚や美意識にあわせて臨機応変に変化する東京友禅の特徴は、 ある意味、江戸友禅から受け継いだDNAと言えるのかも知れません。 また、東京友禅では京友禅、加賀友禅の技法や柄行きなどを分け隔てなく制作する事も特徴の一つであり、 創作友禅と言う呼び方をする場合もあります。


友禅は、元々は全て分業による手仕事です。東京友禅も基本は作家や職人集団による分業ですが、 現在の東京友禅は一人の作家や一箇所の工房で受け持つ仕事が多くなり、分業制の要素が少なくなっています。
いつ頃から、どんな理由で分業の要素が少なくなったのか?ということについて、 明確な理由付けは難しいと思いますが、考えられるのは太平洋戦争で東京は壊滅的な打撃を受けた事と、 もう一つは戦後、日本人(東京)の生活スピードが変化した事があると思います。
腰原きもの工房の創立者である私(英吾)の祖父(新一)は元々、友禅職人の分業の中にある「糊師」でしたが、 昔の話を聞けば、やはり戦後すぐには友禅の仕事を始める事が難しかったようで、 祖父は自ら「模様師(デザイナー)」「彩色」「糊師」などの仕事を一人で始めたそうです。
それでも、祖父(新一)や父(淳策)の若い頃には山の手線の「高田馬場駅」、 西武新宿線の「落合駅」、「下落合駅」、「中井」、「新井薬師駅」の辺りには 友禅の「材料屋」、「湯のし屋」、「蒸し屋」、「紋屋」、「染屋」など沢山の業界関連の人達が集っており、 分業の形が残っていました。


現在では、日本人の生活スピードに対応するために、 それまで分散していた「図案師」「糊師」「彩色師」「染師」、「水元」、「蒸し」、「」湯のし」などのそれぞれの職人さん達を 一箇所の工房や工場に集めて制作するようになっているようです。 (それぞれの工房によって違う部分もあります。)


腰原きもの工房の手描き友禅は、友禅作家が一貫して制作する、東京友禅を基礎とした「創作手描き友禅」です。 一人の作家が「図案(デザイン)」「糊置き(糸目描き)」「彩色」「染め」「仕上げ」などの工程を 伝統技法に基づいた手仕事で行っています。職人世界の枠にとらわれず、自由な柄と作風でお誂え制作できることが特徴です。



型友禅について


型友禅は合成染料が西洋から入って来て開発された、明治以降の友禅染めです。 染料を糊に混ぜ、型紙で染めていきます。元々は民衆の友禅として大量生産を目的に開発された型友禅ですが、 職人さんの手による型友禅は高度な技術を必要とします。
一枚の型紙を小刀で細かく彫り作業は大変な手間がかかります。 また色数と同じ数だけの型紙が必要で、手の込んだ型友禅は着物一反を染め出すのに 100枚以上の型紙を使用する場合もあります。


友禅工房へのお問い合せ 友禅工房への交通案内 友禅工房見学 お誂え着物 着物展示会 着物通販 友禅作家の着物ブログ 着物の豆知識 美しいキモノ掲載作品一覧 着物/帯の作品集 友禅制作の手順 友禅の由来について 友禅作家のご紹介 友禅工房のご紹介 腰原きもの工房
手描き友禅 腰原きもの工房手描き友禅 腰原きもの工房

トップページ | サイトマップ | 免責事項 | 特定商取引法 | お問い合わせフォーム | E-mail | 相互リンク